消費者金融と銀行

お金がない、親族や友人からはお金を借りたくない…、そんな時に頭に浮かぶのが、キャッシングやカードローンなどではないでしょうか?融資額によっては、書類も最低限で保証人も要らないとあっては、お得に利用したいと思われる方が多いのも納得できますよね。

ところが、お金を借りるといっても銀行からお金を借りる方法と、消費者金融や信託会社などからお金を借りる方法があり、特に消費者金融などからお金を借りるのは怖い、と感じられる方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、銀行からお金を借りることと、消費者金融などからお金を借りることの違いなどについて、ご紹介してみたいと思います!

<銀行と消費者金融の大きな違いとは?>
キャッシングやカードローンでお金を借りる際、「銀行系」か「消費者金融系」、何が違うのかを簡単に言うと、銀行は「総量規制」の対象にはならないのに対し、消費者金融系からお金を借りる場合は「総量規制」の対象になってしまいます。

「総量規制」というのは、借入額の総額が収入の3分の1までしか借りることができない、という既成のことです。例えば、年収が600万円なら、その3分の1なので200万円までの借り入れなら、消費者金融でもできる、というわけです。銀行の場合は、車やマイホームなど借入額が大きくなることから、総量規制の対象外となるのですね。

そんなに大金を借りる予定はない、という方は、消費者金融で即日融資をしてくれる会社、さらに金利といって利子を支払うのが少なくて済む法を探して借り入れをするのがおすすめです。特に、すぐ返すことができるのであれば、1か月以内は無利子なんていうのを売りにしている消費者金融がおすすめですよ!

さらに借りやすさとしては、消費者金融のほうが融資してもらいやすいというメリットも!万が一消費者金融での借入金がいくつかになってしまったら、銀行系にお願いして借り換えをし、金利を低く下げるためにもローンは1つにまとめるように心がけたいものですね。

銀行でお金を借りるならどこで?審査内容の詳細教えます!